スタッフブログ

読書

時計アイコン2021/2/22(Mon)8:12

少し寒さが和らいで来ました。でもまた、寒い日が舞い戻ってくるとのことで、油断はできません。 忙しい日々の中で、じっくり読書する時間が持てませんが、細切れ時間でも読める本を見つけて 読んでいる最中です。 ニューヨーク在住歴20年、政治経済や社会問題から、ファッション、ライフスタイルまで、 幅広く執筆している佐久間裕美子さんの、『My Little New York Times』(廣済堂)です。 2017年7月から2018年7月までの毎日の日記が一冊の本になっています。トランプ前大統領が就任してから 半年たったところから書き始められたこの日記、ニュースで見聞きするアメリカの、ドナルド・トランプが 作り出すカオスのような日々を、内側で生活している人は、こんな風に感じてたのか、というのが 垣間見れる本です。

DSC_0191

1日の記述が短くて、毎日の日記の頭にタイトルがついているので、興味のあるところを飛ばし読み できるのも読み易いです。 人種問題から#metooのことなど、2年~2年半位前に起こったことを、このような形で追体験するのも面白く、 政治とか社会問題だけでなく、食や、音楽やアートなどカルチャー、マンションの天井が落ちてきた、 といった日々起こるトラブルなど、佐久間さんの視点で切り取られた日常を読み進めているところです。 マスダ